交通事故と保険会社

 

治療費についてのやりとり

 

交通事故に遭ってしまった場合,通常は相手方の保険会社と治療費等についてやりとりをすることになります。

保険会社への対応が適切にできないと,治療費が十分に支払われずに治療が十分に受けられないという事態が発生するおそれがありますので,ご注意ください。

 

誤解されないために

 

交通事故のケガ,特にむちうち症などは,外見からケガをしているとわかりにくいケガです。

そのため,実際にはまだ痛みやその他の症状がある状態でも,一定の期間を過ぎると「もう治りましたよね?」というように,ケガが治ったと誤解されてしまうことがあります。

保険会社「一般的にこれくらいで治るだろう」と思っている期間と,実際にケガが治る期間というのが異なることはよくあります。

保険会社とやりとりをする時には症状について誤解をされてしまわないようにすることが大切です。

場合によっては,弁護士に相談してみるというのもよいかと思います。

ページ上部へ